2017年7月に刑法が110年ぶりに改正され、とくに子どもへの性暴力に関心が高まっています。
内閣府の調査(2018年3月公表)では、性被害時期について18歳未満と答えた人が26.8%、うち15歳以下が21.3%を占めています。子どもの場合は被害の出来事の意味もわからず、誰にも相談できないという現実があります。
子どもが性暴力や虐待に遭ったときに“助けて”とSOSを出せるためには、周囲の大人が正しい知識と対処方法を身につけていることが必要です。
本講座は、医療、学校、保護者、行政など子どもを見守る立場の方々を対象に、子どもたちの性をめぐる現状と、緊急対応を含む適切な対応について学んでいただけるような内容となっています。

タイトル 「地域における性教育~子どもへの性被害の現状をふまえて」
日時 2019年4月13日(土) 13:00~17:00
場所 豊岡市民プラザ
HP:http://www.platz-npo.com
費用 無料
参加申込 下記チラシをご覧ください
「地域における性教育~子どもへの性被害の現状をふまえて」詳細
「地域における性教育~子どもへの性被害の現状をふまえて」が4月13日に豊岡市民プラザで開催されます