ristex-1社会的困難(貧困、虐待・暴力被害 / 加害、依存症など)をかかえる個人に対する支援を行う際に、「トラウマ」に注目することは、当事者を理解する上で、極めて有効な視点です。
トラウマ・インフォームド・ケア(Trauma Informed Care TIC)は、「トラウマへの気づきを基盤とした支援」を意味し、公衆衛生上における基本概念の一つとして、諸外国においても、保健医療・福祉・教育・司法などの現場で、重要視されつつある考えです。
本企画では、「トラウマ・インフォームド・ケア」をどのように社会で共有していけるか、さらにその意義について検討を行います。

タイトル トラウマが与える影響とは ートラウマインフォームドな社会に向けての発信ー
日時 2020年3月29日(日)
13:30~16:30(受付 13:00〜)
場所 武庫川女子大学 日下記念マルチメディア館MMホール

会場アクセス:武庫川女子大学 中央キャンパス
※公共の交通機関を利用してご来場ください。
※必ず正門からお入りください。

演者 大岡由佳(武庫川女子大学短期大学部 心理・人間関係学科 准教授)
杉山 春(ルポライター)
友田明美(福井大学 子どものこころの発達研究センター 教授)
大江美佐里(久留米大学医学部神経精神医学講座 准教授)
石塚伸一(龍谷大学 法学部 教授)
辻井正次(中京大学現代社会学部教授)
竹島 正(川崎市精神保健福祉センター所長(RISTEXアドバイザー))
対象 対人援助職の方をはじめ、本テーマに関心のある方
参加費 無料
定員 300人(事前申込みなし)
開催 社会技術研究開発センター「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域
トラウマへの気づきを高める “人ー地域ー社会” によるケアシステムの構築、大岡プロジェクトの一環で開催いたします。
お問合せ リステックスAGMC(兵庫県立尼崎総合医療センター)
TEL/FAX:06-6480-1140
メール:webg.onestop.tic2017.2020@gmail.com
その他 下記について、希望される場合は事前にご一報お願いいたします

  • シンポジウムご参加時には、保育ルーム(ラビークラブ)がご利用いただけます。
    対象:1〜10歳(有料)
    申込〆切:3/23(月)
    詳細は武庫川女子大学「ラビークラブ」まで。TEL:0798-45-3542(男女共同参画推進室)
  • 車いす席、情報配慮等を希望される場合は、事前にご連絡ください。e-mail:webg.onestop.tic2017.2020@gmail.com
参加申込 下記チラシをご覧ください
『トラウマが与える影響とは ートラウマインフォームドな社会に向けての発信ー』詳細
《中止となりました》『トラウマが与える影響とは ートラウマインフォームドな社会に向けての発信ー』3月29日(日)に武庫川女子大学で開催されます。